トップ 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

AMPureXPもどき

[実験プロトコル]

AMPureXPもどきの調製

 PCR産物などのDNAの精製、サイズ選択や濃度調整に多用するAMPureXPと同様に使用できる磁気ビーズ溶液の作成方法。Serapureとも呼ばれる。ゲノムDNA抽出にも使用できる。出典はRohland and Reich (2012)とそのサプリ。

必要なもの

  • 50mL遠沈管 1本
  • 1.5mLチューブ 1本
  • Sera-Mag SpeedBeads Carboxylate-Modified Magnetic Particles (Hydrophobic) 1mL
  • TE 3mL
  • PEG8000 9g
  • NaCl 2.92g
  • 1M Tris-HCl pH8.0 500uL
  • 0.5M EDTA pH8.0 100uL
  • Tween-20 27.5uL
  • SPW 適量

手順

  1. 1.5mLチューブによく転倒混和したSera-Mag SpeedBeadsを1mL取る
  2. マグネットスタンドに立てて5分待つ
  3. 上澄みをチップで吸い取って捨てる
  4. TE 1mLを加えてマグネットスタンドから外し、よく転倒混和する
  5. マグネットスタンドに立てて5分待つ
  6. 上澄みをチップで吸い取って捨てる
  7. TE 1mLを加えてマグネットスタンドから外し、よく転倒混和する
  8. マグネットスタンドに立てて5分待つ
  9. 上澄みをチップで吸い取って捨てる
  10. TE 1mLを加えてマグネットスタンドから外し、よく転倒混和する
  11. 50mL遠沈管にPEG8000 9gとNaCl 2.92gを入れる
  12. 1M Tris-HCl pH8.0 500uLと0.5M EDTA pH8.0 100uLを加える
  13. SPWで45mLまでメスアップしてPEGを完全に溶かす
  14. Tween-20 27.5uLと10の溶液1mLを加える
  15. SPWで50mLまでメスアップする

最終更新時間:2017年07月14日 23時59分03秒